山梨県在住・出身のハンドメイド作家とその手作り作品・雑貨を日本全国に紹介・販売するサイト

Swallowtail(神谷 健夫)ネクタイピン

Swallowtail(神谷 健夫)ネクタイピン
「自分が欲しい」から生まれたネクタイピン「Swallowtail」
Swallowtail(神谷 健夫)ネクタイピン神谷さんは、男性用にネクタイピンを作っている作家さんです。2016年の3月からお仕事の合間を縫って「日曜大工」ならぬ「日曜作家」として制作活動を始められたとのこと。Swallowtail(スワロウテイル)の由来は、神谷さんの家紋が揚羽蝶紋であることから名付けられました。
一般的にあるネクタイピンには面白みがないと常々感じていた神谷さん。ないなら自分で作ってみたい、という思いはずっとあったそうです。
現在は建築家としてお仕事をされていますが、山梨県内にある宝石美術専門学校を出たのち宝飾関係のお仕事をされていたという神谷さん。制作に必要な道具はある程度持っていましたが、肝心な作業机がないことでなかなか制作には取りかかれないでいたそう。しかし2016年に入って、宝飾関係の仕事をしているご友人から余っている机を譲ってもらえることになったのがきっかけで、本格的に「自分の欲しいと思うネクタイピン」を作りだすことに。
また、今はネット通販などで必要なパーツや道具が気軽に買えるようになっていることも、背中を押すきっかけのひとつとなっていたようです。
アクセサリーは女性のもの、とは限りませんが、それでも男性がビジネスシーンで取り入れられるアクセサリーは限られており、ネクタイピンは数少ないアクセサリーのひとつ。
普段ネクタイを締めてお仕事をしている神谷さん自身も、ちょっとした個性や遊び心をネクタイピンに持たせることが、仕事相手との会話につながることもあると考えています。
試行錯誤を重ねてたどり着いたオリジナルの製法
Swallowtail(神谷 健夫)ネクタイピン見た目は胸元でキラリと輝くシルバーのネクタイピンですが、手に取ると驚く程軽いもの。これは神谷さんが試行錯誤の上にたどり着いたポリカーボネートを素材としているからです。
ポリカーボネートはプラスチックの一種で、強度が高く加工のしやすさから工業製品や家電、建材など生活の中で様々に使用されている素材です。
作品を見てわかる通り、数センチの中に躍動感ある人のシルエットを切り出すのはとても細かい作業となります。また、ひとつなぎなのでちょっとでも切り出しを間違えると元には戻せません。また、ひとつの作品として完成させるまでに試作も作ったりと、全てが即作品として出せるわけではないこともあり、納得のいく作品が作るためには潤沢に使える素材が必要。
最初はシルバーなど金属を直接加工したり、原型から型を作ってレジンで作る案もあったようですが、地金が高価であったり、出来映えに納得がいかなかったりといずれも却下となりました。
そして試行錯誤を重ねた結果、ポリカの板をひとつずつ切り出して成形していくという方法に落ち着いたそうです。
制作の流れを伺うと、まず下絵に透明なポリカの板を乗せてカニコンパスなどで輪郭を写しながら表面をけがいていきます。
輪郭がとれたら糸鋸で切り出し、切り口はヤスリで綺麗に整えていきます。スポーツシーンのパーツだけではネクタイピンとしての強度に不安があるので、土台に接着してパーツの全体像ができます。できあがったパーツは銀鏡塗装を施して、最後にネクタイピンの金具と接着して完成。
表面を銀色にする塗料やイラストと土台、土台とピンの金具とをくっつける接着剤なども、どれがベストなのかと試作を繰り返していったのだそう。
塗装は、銀メッキなどいくつか試してみたものの、銀鏡塗装のスプレーが色味、使い勝手ともにベストだったそうです。
接着剤も貼付ける部位により種類を変えて、はがれにくく長持ちする工夫がされています。
また、下絵はスポーツ写真を参考にして手描きで、ファイルにはあらゆるスポーツのシルエットが収められていました。写真ではかっこよく見えても真っ黒なシルエットにするとシーンがわかりにくかったり、加工が難しかったりと、作品に使える下絵を選ぶにも条件がさまざま。パッとみてわかりやすいポーズを追求しています。
イメージしたデザインを形にすることがなかなかうまく行かない、だけどイメージに近づけるための試行錯誤こそが面白いという神谷さん。楽しんでいる表情の中にも、ものづくりへのこだわりある姿勢が伺えました。
スポーツのモチーフで、男性のビジネスシーンに遊び心を
Swallowtail(神谷 健夫)ネクタイピン神谷さんのネクタイピンは、野球やサッカーを始めとしたスポーツのワンシーンを表現した躍動感のあるデザインが魅力です。
プレイヤー単体のポーズに限らず、打者やホームインする走者とキャッチャーとの競り合いや、走塁のセーフ・アウトの瞬間、と二人以上のプレイヤーのせめぎ合いがあるシーンにこだわるのも特徴。
ネクタイピンというと、シンプルな作りや、天然石や宝石などをあしらった高級感のあるものなどが多く見られます。
多少遊び心があるとしても、楽器や和の文様など、シックなイメージになりがち。適度にカジュアルなものはまだまだ少ないんです、と神谷さんは言います。
殊に、スポーツをモチーフとしたものには出会えなかったのだとか。それならば自分が、と考えるようになりました。
「ちょっと面白いネクタイピンを着けると、それが会話のきっかけにもなったりするんです」と神谷さん。
以前サックスをモチーフにしたネクタイピンをつけていた際、それを見た人から「サックスをやっていたんですか?」と聞かれたそう。神谷さんは楽器をしていたわけではないのですが、こういう風に会話が始まることもあるんだ、と実感した経験だったようです。
また、あくまでもネクタイピンはビジネスシーンで使用することが前提。遊び心をとはいえ、あまりにポップなものは使うシーンを選ばないとなりません。
そこへいくと、スポーツというのはカジュアルでありながら万人に受けいれられるもので、モチーフとして最適。また、色味はシンプルにシルバーにすることで、適度なシックさも持ち合わせています。 野球やサッカーは誰にでも親しみがあるメジャーなスポーツですが、今後も、バスケやラグビー、テニスなどあらゆるスポーツシーンを表現していきたいそう。
スポーツ好きな男性が買ってくださるのはもちろんですが、女性がお父さんや旦那さんなど、男性へのプレゼントに選んでもらえると嬉しいですね、とお話しくださいました。
男性目線で作る、男性のためのネクタイピン作り。他にはない唯一のネクタイピンでスーツ姿にちょっとした遊びを取り入れてみてはいかがでしょうか。
プロフィール
現在の本業は建築士。
宝石美術専門学校のデザイン課の卒業です。
卒業後6年間は宝飾関係の会社でジュエリーの製作や営業をしていました。
縁があって今の仕事をしていますが、当時も今も、「欲しいなー」「身に付けてみたいなー」と思えるようなタイピンに出会ったことがありませんでした。
それなら、自分で作ってみようと思い立ち25年のブランクを跳ね除け、本業の合間を縫って作ってみることにしました。
日曜大工ならぬ、日曜作家として少しずつですが、試行錯誤繰り返して作品を作っています。
モチーフは、エネルギーあふれるスポーツシーンの一瞬を切り取ったデザインです。
是非ビジネスマンの方に、話題づくりとして少しでもお役に立てればと思い、心を込めて作成しています。彼氏、お父様、ご兄弟への誕生日や記念日のプレゼントなどに良いと思います。
Swallowtail(神谷 健夫)
ブログ タイピン作成奮闘記
< 前のページ
次のページ >
10件 [ 1-10 ]

おすすめ商品