山梨県在住・出身のハンドメイド作家とその手作り作品・雑貨を日本全国に紹介・販売するサイト

優宝飾(大沼 優嗣)クリスタルビーズアクセサリー

優宝飾(大沼 優嗣)クリスタルビーズアクセサリー
長年のキャリアを活かしたオリジナルアクセサリー「優宝飾」
優宝飾(大沼 優嗣)クリスタルビーズアクセサリー大沼さんはアクセサリーの制作をおこなっている作家さんです。アクセサリー製作のキャリアは長く、元々は友人を手伝うために貴金属関係の制作を始めたのがこの世界へ入ったきっかけでした。その後、本格的に貴金属の勉強をしつつ、仕事のかたわら制作を続けてきた大沼さん。 そして2013年に仕事をやめ、本業としてやっていこうと「優宝飾」という屋号で独立ました。現在はアクセサリー全般の制作をお仕事としてやっていらっしゃいます。
最初はシルバーアクセサリーから入り、金・プラチナといった貴金属の加工経験を経てきましたが、やがて石にたどり着いたようです。「優宝飾」では天然石やクリスタルビーズなどを用いた作品がメインとなっています。
今回Sakka zullaに主として出品していただくのは自らが立ち上げたブランド「4U。(フォーユー)」として制作している作品です。
「なかなか1回では正しく読んでもらえないんです」と大沼さん自身も笑っておっしゃったこの「4U。」の由来を伺ってみると、大沼さんのご家族は大沼さん、奥様、2人のお子さんの4人とも名前に「ゆう」がつくとのこと。
つまり4人の「ゆう」で「4U。」ということなのだそう。もちろん読みの「フォーユー」の通り「アクセサリーを買ってくれたお客さんのために」という意味をこめての「for you」も含まれています。 自分の作った作品を見てくれる人、使ってくれる人へ気持ちが向けられている素敵なお名前だと思いました。
スニーカー感覚で、毎日身につけられるものを
優宝飾(大沼 優嗣)クリスタルビーズアクセサリーその「4U。」で大沼さんが出しているのは、クリスタルカットビーズを使ったアクセサリーです。ブレスレット・ネックレス・アンクレットのほか、ペット用の首輪を制作されることも。
このアクセサリーの特徴は、小粒のビーズを使った細身のフォルムです。天然石だとどうしても粒が大きくなりがちで、また石の種類によって価格がまちまちになることも。安定した価格で、普段使いしやすい細身のものを、と考えてクリスタルビーズを選択したとのこと。
また、あえてアジャスターをつけないデザインなので、余ったチェーンがぶらさがって邪魔になることなく、すっきりと身につけられることも、「普段使いのアクセサリー」として考えられた部分です。 例えばブレスレットなら、日本人の標準サイズを元に大きさを決めて作っており、手首が標準より細かったり太かったりするという場合は、セミオーダー的にその人に合わせたサイズに作ってくれるそうです。 高価な天然石のアクセサリーをひとつ大切に使ってもらうのも大事なこと。だけど、気軽に買えて、気分や好みで買い替えたり、集めてみたり、と「スニーカー感覚」で使ってほしいんです、とお話しくださいました。
また、気軽に買ってもらいたいというのは、ただ安価にするのではなく、「価格以上のクオリティを」というこだわりも含まれているのです。
使用するビーズはすべて国内で生産されたもので、品質も安心できるものをとの配慮がされています。それも大沼さん自らきちんと検品もしておられるとのこと。
1つのデザインを制作するにも、色の組み合わせや配置など試作を重ねて商品として完成させます。
同じ素材でもすべて表情が違う。あなただけのお気に入りを見つけてください
優宝飾(大沼 優嗣)クリスタルビーズアクセサリー大沼さんが作品を作るときには、まずひらめきやインスピレーションのままに試作品を作ってみるのだそう。
そして実際に形にしてみて、納得のいく形になるまで推敲をかさねます。時には家族や周りの人に意見を聞いてみたりも。
並べてみて納得ができなければ、元に戻してやり直せるのがこのアクセサリー制作の強みでもあります。 定番のシンプルなものなら色の組み合わせをこだわってみたり、テーマを決めてシリーズ化してみたり、時にはあえて奇抜な、定番や流行の真逆をいくようなものを作ってみることもあるのだそう。
「100人中、1人しか気に入らないようなもの」と大沼さんは言います。もちろんそれは難しい作業。定番や流行にはある程度の見本や正解がありますが、まるで答えのないデザインを模索することになります。ですがそんなお話をされているときは、とても楽しそうでした。
同じ素材・色を使って制作をしても、その都度違う表情になるのが石やクリスタルビーズの面白いところ。また、カットビーズはカットが変わるだけで印象やできばえもがらりと変わります。
そういった素材が持つひとつひとつの違いを、作品の魅力として表現し仕上げるのが楽しみなのだそう。 近頃はレザークラフトにも興味をお持ちだという大沼さん。まだ遊びではあるものの、その内アクセサリー制作とコラボレーションできるようになれば面白いと思います、とのことです。
また、オーダーメイドの依頼をうけることもしばしば。大まかなデザインは大沼さんの方で提案し、細かい希望には対応してくれるそうです。
ブレスレットひとつ作るにも、色の並びを少し変えるだけで作品の表情は無限に変化していきます。大沼さんの作る色とりどりのアクセサリーの中から、自分にぴったりなアクセサリーをぜひ見つけてみてくださいね。
プロフィール
2013年 5月 独立し「優宝飾」として開業
2013年 11月 優宝飾オリジナルブランド「4U。」立ち上げ
優宝飾(大沼 優嗣)
Facebook
国産のクリスタルカットビーズを使用したネックレス・ブレスレット・アンクレットなどのアクセサリーを制作しています。
アジャスターのついていないものは、基本的にサイズが統一されています。サイズの微調整なども承りますのでご相談ください。
< 前のページ
13件 [ 1-12 ]

おすすめ商品