山梨県在住・出身のハンドメイド作家とその手作り作品・雑貨を日本全国に紹介・販売するサイト

Petits favori(窪田 裕美)布小物・手作り長財布

Petits favori(窪田 裕美)布小物・手作り長財布
「小さなお気に入り」となる布小物、Petits favori
Petits favori 作品窪田さんは、Petits favori(プチ・ファヴォリ)というお名前で手作りの布小物を作り活動されている作家さん。
長財布やマカロンケース、印鑑ケースのように、日常的に使いやすい小物類を得意とされています。
Petits favoriとは、フランス語で「小さなお気に入り」という意味。その名の通り、自分の作った小物の中からお客さんがひとりひとり、小さなお気に入りを見つけてくれたらうれしい、という気持ちが込められています。
活動を始められたのは2009年頃から。元々手芸や編み物が好きだった窪田さん。ご自身のお子さんのおくるみを作ったり、友人の出産祝いにスタイや抱っこ紐などを手作りでプレゼントしていたそうです。
プレゼントはとても喜んでもらえたので、趣味としてもっと色々な物を作ってみようと考えるように。最初は通園バッグなど、子ども用のグッズをよく作っていたそうですが、幼稚園のバザーに出すために様々な小物を作ってみたところ、こちらもまたとても好評だったとか。やがて、かつぬま朝市へ出店し作品を販売するようになりました。最初の頃はまだお子さんが小さかったこともあり、年に1〜2回出店する程度でしたが、徐々に余裕もできて、出店回数が増えていくようになりました。
今ではリピーターさんもついて、窪田さんの作品をいつも楽しみにしてくれる人もいらっしゃるとか。窪田さんの願いどおり、「小さなお気に入り」を見つけてくれたのですね。
使うことを考えられた、機能性もバッチリな手作り小物
Petits favori 作品現在メインに作っているアイテムは、長財布やマカロンケースなどの小物入れ。同じ形でも、ひとつひとつ違った柄や色合いの生地を使っているので、とてもバラエティー豊かなラインナップになっています。その他、移動ポケットやがま口、携帯電話ケース等、大人子どもを問わず使えるアイテムがたくさん。
窪田さん自身は、リバティや水玉のような柄が好きだそうですが、可愛いもの、シックなもの、シンプルなもの、渋いもの・・・と雰囲気の違うものを作り分けてくれていますので、好みに合わせてお気に入りを探せます。
たったひとつの自分専用を見つけてもいいし、柄違いをコレクションして気分に合わせて使い分けるのも楽しそう。
家族や友達と、それぞれ好きな色柄で同じアイテムを一緒に持つこともできますね。
実際に、柄違いで何個も集めてくれたり、周りの人にプレゼントするために購入してくれる方もいらっしゃるようです。
手作りで長財布、というとちょっと珍しいのですが、元々は窪田さんがご自分でお財布を欲しいと思ったのがきっかけでした。本や雑誌をみながら試作しつつ、形やポケットの作りなども独自でアレンジを重ねながら、今の形が完成したとか。
一番重視しているのは、やはり使いやすさ。そしてどんな人でも使えるように、バリエーションを多くすることを心がけています。
実際に作られた長財布を見ると、オシャレな見た目だけではなく、ポケットの数も充実していて小銭入れなども使いやすそうに、細部へこだわりが感じられます。
手作りのお財布というと、見た目重視で機能がいまひとつ・・・という場合もあると思うのですが、窪田さんの作ったものは市販されている既製品に勝るとも劣らない仕上がりでした。
また、定番アイテム以外でも、イベントでは季節に合わせた小物も出すようにしているそうです。取材させていただいた時は冬でしたので、カラフルなたくさんのマスクもあったり。こちらも、子供用・大人用にサイズがあったり、立体型になっていたり、と用途に合わせて使い分けられます。
どの作品にも、パッと見たときの可愛いさに加え、使う時のことをしっかり考えられて制作されているのがよくわかります。
買ってくれた人の声が、忙しい日々での作品作りの原動力に
Petits favori 作品家事や子育てだけではなく、お仕事もされているのでなかなかまとまった時間を取ることは難しい窪田さん。
手間のかかる作業は、時間がとれるときにある程度一気にまとめてやってしまうそうです。
夜寝る前などちょっとした時間にはミシンを使わずに手縫いでできる作業をするなど、忙しい生活の中の空き時間を上手に使って作品を増やしていっています。
5年以上布小物作りをしてきた原動力となっているのは、買ってくださったお客さんが「使いやすかったよ」と感想を言ってくれたり、周りの人に宣伝してくれたり、という反応があったから。自分が作ったものを、気に入って大切に使ってくれるのがわかるととても嬉しいですね、と窪田さん。
今では「こんなものを作ってほしい」といったオーダーが入ることもあります。
とはいえ、作品を販売するには簡単な事ばかりではありません。イベントに毎月出店していてもその時によって人気の出るアイテムが変わっていくのですが、それを読むのがなかなか難しいようです。先月たくさん売れたアイテムが、次の月にはまったく別のものが売れたり・・・ということもしばしば。
以前は乳幼児向けグッズなども作っていたものの、子育てを卒業した最近は少しご無沙汰していたという窪田さん。しかし近頃抱っこ紐用のカバーが欲しいという要望が出ているとのことで、素材やデザインなどを考案中だそうです。
今はミシンを使っての布小物づくりがメインですが、そのうちにカギ編みなどもやってみたいとお話しくださいました。
現在、イベントではかつぬま朝市のみに出店しておられますが、今後は参加するイベントも増やしていきたいと意欲的な様子。ワークショップなども展開できれば、とお話しくださいました。今後もさらに活動の幅を広げていってくれることと期待しております!
プロフィール
山梨市在住 2009年頃から勝沼朝市に出店してます。
これから、少しずつ色んなマーケットに出店しようと計画中!
Petits favori(窪田 裕美)
Facebookページ
現在はかつぬま朝市をメインに出店中。今後も参加イベントを増やしていく予定です。
< 前のページ
次のページ >
5件 [ 1-5 ]

おすすめ商品