山梨県在住・出身のハンドメイド作家とその手作り作品・雑貨を日本全国に紹介・販売するサイト

gin(菊田 佳奈) レジンアクセサリー

gin ぎん(菊田 佳奈) レジンアクセサリー
新しいデザインのアクセサリーを自分の手で作りたい「gin」
gin 作品菊田さんは手作りアクセサリーの作家さん。作家名の「gin」というのは、菊田さんの旧姓が由来のニックネームで、周りの人達に「ぎんちゃん」と呼ばれていたことから名付けたそうです。
昔から母親の影響で編み物やミシン、フェルト手芸などはたしなんでいたという菊田さんですが、レジンはいつかやってみたいな、と思いつつ道具や素材は少しずつ集めていたとのこと。
お店で売っているアクセサリーを見た時に、自分でも作れないかな・・・と思う事もたびたびあって、それがアクセサリー作りへ挑戦するきっかけへとつながっていきました。
いざ、自分の作品を作ろうという時に、以前から自身が「かわいい」と思って集めてきたアクセサリーパーツから、どんなものを作ろうかと考え始めました。
いろんな人が作ったアクセサリーを参考にしつつも、人とは違うデザインのものが作りたい、という気持ちを持って、自分だけのデザインを考えていったそうです。
そして実際には2016年の2月からアクセサリー作りを始めたという、生まれたての作家さん。
また、結婚を機に、2015年に大阪から山梨へきたという生まれたての山梨県民さんでもあります。
新しい土地で、新しいことを始めようとする姿が、とても明るくエネルギッシュな方でした。
顔周りをぱっと明るくしてくれそうな、華やかにゆれるお花のアクセサリー
gin 作品菊田さんの作品は、現在ピアス・イヤリングがメインとなっています。その他、ブローチやチャームなども。
ドーム型のレジンの中に、花やパールがちりばめられた女性らしいデザイン。パールやラメのきらめきも手伝って、ガラスの中に閉じ込められたブーケのよう。
菊田さん自身が大きめサイズのアクセサリーがお好きだということもあって、耳元での存在感はばっちりです。タッセルも色合いなどを見て紐を選び、手作りだそう。
コットンパールとの組み合わせは、カジュアルはもちろんですがちょこっと気合いのはいったお出かけにも活躍してくれそうです。
制作の際に気をつけているのは、主役であるお花をどうしたら綺麗に見せることができるかの工夫。なるべく気泡ができないように、位置がずれないように注意をはらっています。
今後もアクセサリーのバリエーションを増やすためにも、もっと多くの種類の花を使ったり、パーツに限らずドライフラワーやリーフなど違う素材のものも使ってみたいそう。
また学生の頃は、ビーズでアクセサリーを作った経験もあるため、ビーズとレジンとを組み合わせたアクセサリーも作れれば・・・とのことです。
とにかく新しいことにどんどんチャレンジしたいんです、という菊田さん。
まだ作品づくりを始めたばかりなので、わからないこともたくさんあるけど勉強しつつ、作品の種類を増やしていきたいですね、とお話しする姿はとっても楽しそう。
現在、旦那さんへのお弁当の写真がインスタグラムで人気の菊田さん。写真のユニークさもさることながら、その素直で前向きな姿勢も多くの人に親しまれている要素なのかなと感じました。
「せっかく山梨に住んでいるから、富士山など山梨に縁のあるモチーフを使った作品も作ります!」と嬉しい言葉。試しに作ってみた、というフェルトの富士山は菊田さんらしいユーモアある表情のとってもかわいいマスコットでしたよ。
山梨ライフを楽しみつつ、素敵な作品を作っていただけるのではと期待しています。
プロフィール
生まれも育ちも大阪府。
転勤族の旦那と、熊本県・茨城県・愛知県・山梨県での遠距離恋愛を経て、2015年6月より山梨県甲斐市在住の主婦になる。
同じ頃から旦那の為に?キッチンばさみ?を用いたキャラ弁作りを始め、インスタグラムにて公開中。
山梨県で出会った方との出来事や、山梨県のお出かけスポットレポートなども書いています。
チャレンジ精神旺盛、新たな趣味を探すべく、2016年2月よりレジンアクセサリーを作り始める
< 前のページ
次のページ >
4件 [ 1-4 ]

おすすめ商品